SSH公開鍵暗号化方式-Tera Termで秘密鍵・公開鍵の作成

ここでは、Tera Term(テラターム)を使用し、SSH公開鍵暗号化方式でログインする際に使用する秘密鍵、及び公開鍵の作成方法について解説していきたいと思います。

公開鍵暗号化方式とは、プレーンテキストによるパスワード認証に代わる認証方式で、より安全にユーザー認証ができる仕組みとなります。

認証の仕組みについては、ここでは割愛させていただきます。(ちょっと長くなるので)ネット上にの至る所に情報が出ていますのでご確認ください。

SSHには、SSH1とSSH2の二つのバージョンが存在します。以前SSH1ではRSA公開鍵暗号を、SSH2ではDSA公開鍵暗号が使われてきました。

暗号化の手法としてはDSAよりRSAの方が安全性が高いとも言われています。

しかしSSH2では特許の問題からRSAの使用が制限されており、その問題を回避するためにDSAが採用されていた経緯があります。その特許は2000年9月で失効し、それ以降はSSH2でもRSAを用いた暗号化が主流となっています。

それでは、TeraTermを使って公開鍵認証方式ログインで使用する秘密鍵・公開鍵(RSA暗号方式を用いた)を作成していきます。

スポンサーリンク

秘密鍵・公開鍵の作成

TeraTermを起動し「設定」メニューから「SSH鍵生成」を選択します。 
「設定」メニューから「SSH鍵生成」を選択

鍵の種類:RSA ビット数:2048(デフォルト)で「生成」をクリックします。
SSH鍵生成画面

「鍵を生成しました」のメッセージが表示され、鍵が作成されました。 
「鍵を生成しました」のメッセージで作成完了

公開鍵・秘密鍵の保存

まずは、公開鍵を保存します。 (任意のフォルダに保存) 
公開鍵を保存 公開鍵を任意のフォルダに保存

続いて秘密鍵を保存していきます。鍵のパスフレーズ部分にパスワードを入力します。設定しない=ノンパスワードでも可能ですが、セキュリティ向上のために設定しておく事をおススメします
秘密鍵のパスワード設定

パスフレーズの入力後、秘密鍵を保存します。 (任意のフォルダに保存) 
秘密鍵を保存 秘密鍵を任意のフォルダに保存

id_rsa.pub」が公開鍵、「id_rsa」が秘密鍵として保存されました。これでSSH公開鍵認証ログインで使用する鍵の生成は完了です。

おわりに

次回は、ここで生成した秘密鍵・公開鍵を用いた接続を行うために、接続するサーバ側の環境整備について解説したいと思います。(SSH接続を受けるサーバの設定になります!)
⇒ SSH公開鍵暗号化方式-サーバ側(接続受け側)の設定

スポンサーリンク

One Response to “SSH公開鍵暗号化方式-Tera Termで秘密鍵・公開鍵の作成”

  1. […] 本当はSSH公開鍵暗号化方式-Tera Termで秘密鍵・公開鍵の作成 | Tera Term(テラターム)の便利な使い方に書いてある感じで、ローカルで公開鍵、秘密鍵を作るほうがいいんだろうけど、リ […]

コメントを残す

このページの先頭へ