Tera Termでマクロ(TTLファイル)を実行する方法

 

Tera Term(テラターム)でマクロ(TTLファイル)を実行する方法は、いく通りかの方法があると思われます。

その中でもよく使用すると思われる、3通りの実行方法をご紹介します。

①メニューからマクロを選択しTTLファイルを実行。
②TTLファイルをダブルクリックして実行。(関連付けが必要)
③ショートカットを作成しマクロを実行。

それぞれ一長一短ありますので、ご自身の環境にあわせて使い分けてください。

 

①コントロールメニューからのマクロ実行

「コントロール」メニューから「マクロ」を選択。
手動でマクロ実行@TeraTerm

「MACRO:マクロを開く」からTTLファイルを選択して「開く」
ボタンを押す事で、選択したTTLファイル(マクロ)が実行されます。
TTLファイル選択@TeraTerm

 

②TTLファイルをダブルクリックしてマクロ実行

インストール時の追加タスクの選択で「.ttlファイルをttermpro.exeに関連付ける」が選択されていれば、TTLファイルをダブルクリックする事でマクロが実行されます。
ttlファイル関連付け設定画面@TeraTerm

もし関連付けされていない場合は・・・
とりあえずWindowsXPの場合の手順を載せておきます。

WindowsXPでのファイルの関連付け(別の方法もありますが・・・)

①TTLファイルを右クリックし「変更」ボタンを押します。
TTL実行プログラム変更開始@TeraTerm

②「ファイルを開くプログラムの選択」画面が
表示されるので「参照」ボタンを押してください。
TTLファイルプログラム参照@TeraTerm

③「プログラムから開く」画面が表示されたら
「C:\Program Files\teraterm\TTPMACRO.EXE」を選択します。
TTLファイルプログラム選択@TeraTerm

④「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」にチェックを入れておくと、次回からTTLファイルを開いたときはマクロが自動で実行されます。 
TTL実行プログラム選択@TeraTerm TTL実行プログラム変更完了@TeraTerm

 

③ショートカットからマクロ実行

①デスクトップ等で「右クリック」ー「新規作成(W)」ー「ショートカット(S)」を選択します。
TTLショートカット作成@TeraTerm

②ショートカットの作成画面が表示されますので、「項目の場所を入力してください」の所に、「"C:\Program Files\teraterm\ttpmacro.exe" "/V" "C:\test.ttl" 」と入力し次へ進んでください。 「c:\test.ttl」の箇所は、TTLファイルを保存しているフルパスに置き換えて設定してください。
TTL実行ショートカット作成@TeraTerm

③名前の指定画面が表示されますので、適当な名前をつけてください。
TTLショートカット名前設定@TeraTerm

④指定した名前のショートカットが作成されます。
ショートカットを実行するとでマクロが実行されます。

 

おわりに

TTLファイルを実行するのは、ダブルクリックして実行する方法が一番簡単で分かりやすい方法ではないでしょうか?

まあ時と場合によって、マクロの起動方法の使い分けを行っていきましょう。


 スポンサード リンク
 

あわせて読みたい関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ