Tera Termでシリアル接続を行う手順

ここでは、Tera Term(テラターム)を使用し、シリアル接続でコンソール等に接続する手順をご紹介したいと思います。

Ciscoのスイッチ等のネットワーク機器や、コンソールが付属していないSUN(SPARC)サーバ等々を設定する際に、シリアル接続でコンソールに接続し、機器の設定等を行う事があります。

普通ではなかなか使う事は無いと思いますが、ふと設定を依頼された場合に備え
最低限の知識(接続方法)を習得しておきましょう。

Tera Termでのシリアル接続 (事前準備)

①COMポートの確認

シリアル接続を行うには、COMポートを使用します。 まずは「デバイスマネージャ」で、使用できる(している)COMポート番号を確認します。

しかし最近のノートパソコンでは、COMポートを搭載していないものがほとんどです。その場合はELECOM UC-SGT USB to シリアルケーブル等の「USBシリアル変換ケーブル」が必要となります。このケーブルを利用すればCOMポートを搭載していないノートPCでもシリアル接続が可能となります。

大佐古潤三愛用のUSBシリアル変換ケーブルです。
オスメス変換アダプタを完備していれば更に便利に利用できます!

それでは、使用しているCOMポートを確認しましょう。
デバイスマネージャで使用ポートを確認

上記例では「USB Serial Port(COM14)」で「USBシリアル変換ケーブル」を認識しており、「COMポート14番」が使用されているのが分かりますね。

②Tera Termシリアルポートの設定

シリアルポート番号が判ったところで、シリアルポートの設定を行います。

Tera Termを起動し「新しい接続」から「キャンセル」をクリックします。
新しい接続をキャンセル

「設定」メニューから「シリアルポート」を選択します。
「設定」メニューから「シリアルポート」を選択

シリアルポート設定画面が表示されますので「ポート」を先ほど調べたCOMポートの番号に変更し「OK」をクリックしてください。
シリアルポート設定画面

これで事前の準備は完了です。

スポンサーリンク

Tera Termシリアル接続(CISCO機器に接続)

それでは、CISCO機器のコンソールに実際に接続してみます。

接続する機器により専用のケーブルが用意されている事がほとんどです。 接続する機器に必要なケーブルを準備してください。

例)CISCO機器に接続するためのコンソールケーブル
CISCOコンソールケーブル

シリアルコンソールへの接続(コンソール起動)

「ファイル」メニューから「新しい接続」を選択します。
「ファイル」メニューから「新しい接続」を選択

「シリアルポート」を選択し、ポート(R)部分のプルダウンメニューから、先ほどデバイスマネージャで調べたポート番号を選択します。
「シリアルポート」を選択しポートを選択

「OK」をクリックすると接続待機状態になります。
接続待機状態

この状態でコンソールケーブルを機器所定のポートに接続します。「Enter」を押してみて、ログインメッセージ等の文字が表示されると接続完了です。

おわりに

CISCOのスイッチに大量のコンフィグを送信する場合は、シリアルは転送速度が遅いのでうまく送信できない事があります。その場合は、シリアルポートの設定画面から「送信遅延」を「20」ミリ秒/行ぐらいに設定してみてください。

それで問題なく流し込みができると思います。一応ご参考までに。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ