TeraTermの最新版(4.82)をWindows7にインストールしてみました!

2014年04月、とうとう「WindowsXP」のサポートが終了しました。重い腰を上げ、ようやく我が家のメインマシンも「Windows7」へ移行となりました。

どうせならTera Term(テラターム)も最新バージョンを使ってみようと、現時点の最新バーション(4.82)のインストールを実施しました。

まあインストール方法自体に大きな変更はありませんでしたが、ここでもう一度インストールファイルのダウンロードから、インストール方法までをご紹介いたします。

プログラムのダウンロード

まずは、SourceForge.jp「Tera Termプロジェクト」のページから、インストールファイルをダウンロードします。
⇒ http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/
テラタームプロジェクトのページ

画面を下にスクロールすると「ダウンロード」と書かれた箇所がありますので、最新版をクリックすると、ファイルのダウンロードが開始されます。
テラタームプロジェクト ダウンロード箇所 

ブラウザの種類によって、保存方法が若干違ってきます。インストールEXEファイルをデスクトップにでもダウンロードして下さい。
TeraTermダウンロード開始 デスクトップにでも保存しましょう

これにて事前準備は完了です。

スポンサーリンク

Tera Termのインストール

先ほどダウンロードをダブルクリックして起動して下さい。もし「セキュリティの警告」画面が表示されたら「実行」をクリックして先に進みます。
ファイルをダブルクリックで起動 セキュリティの警告画面

セットアップ中に使用する言語の選択画面が表示されます。変更の必要はありませんので、そのまま「日本語」を選択した状態で「OK」をクリックして下さい。
セットアップに使用する言語の選択画面

セットアップウィザードが開始されます。「次へ」をクリックして下さい。
セットアップウィザード開始画面

「使用許諾契約書の同意」画面が表示されます。内容をしっかり確認して「同意する」を選択してから「次へ」をクリックして下さい。
使用許諾契約書の同意画面

「インストール先の指定」画面が表示されます。変更の必要はありませんので、そのまま「次へ」をクリックして下さい。(任意で変更可能です)
インストール先の指定画面
*標準では「C:\Program Files\teraterm」が指定されます

「コンポーネント」の選択画面が表示されます。通常のSSH/TELNET接続であれば「コンパクトインストール」で充分ですが、必要なコンポーネントがあれば選択してから「次へ」をクリックしてください。
コンポーネントの選択画面

以下のコンポーネントが選択可能です!

  • Tera Term & Macro
  • TTSSH
  • CygTerm+
  • LogMeTT
  • TTLEdit
  • TeraTerm Menu
  • TTProxy
  • Collector
  • 追加プラグイン(TTXResizeMenu、TTXttyrec、TTXKanjiMenu、TTXKcodeChange、TTXViewMode、TTXAlwaysOnTop)

コンポーネントは後からでも追加可能ですので、ここであまり悩まない様に!

ユーザインターフェース(メニュー等の表示)の言語の選択画面が表示されます。いつの間にか言語が増えているような・・・。もちろん「日本語」を選択して「次へ」をクリックして下さい。(後からでも設定変更可能です!)
ユーザーインターフェース言語の選択画面
*ロシア語・韓国語は、バージョン4.78から。簡体字中国語は、バージョン4.80から追加されたみたいですね

「プログラムの指定」画面が表示されます。変更の必要はありませんので、そのまま「次へ」をクリックして下さい。
プログラムグループの指定画面
*もしスタートメニューに「Tera Term」を表示したくない場合は「プログラムグループを作成しない」のチェックボックスをオンにしてから進んで下さい。

「追加タスクの選択」画面が表示されます。「.ttlファイルを ttpmacro.exe に関連付ける」は、マクロを使用する場合に便利になりますので、ここで選択しておきましょう。選択後(チェックボックスON)に「次へ」をクリックして下さい。
追加タスクの選択画面

「インストールの準備完了」画面が表示されます。「インストール」をクリックすると、プログラムのインストールが開始されます。
インストールの準備完了画面

「Tera Term セットアップウィザードの完了」画面が表示されると、インストール完了です。「完了」をクリックして終了してください。
セットアップウィザードの完了画面

Tera Termの起動

スタートメニュー、及びショートカットなどから「Tera Term」を起動します。クリーンインストールした際の背景は黒なんですね。(これまバージョンアップを繰り返していたので気付きませんでした!)
TeraTerm初回起動画面

自分的には、背景色「黒」はちょっと見にくいので、背景色を「白」に変更する手順をご紹介したいと思います。

ます「設定」メニューから「ウィンドウ」を選択してください。
「設定」メニューから「ウィンドウ」を選択

「ウィンドウ」の設定画面が表示されますので、画面中央部分の「反転」ボタンをクリックしてください。すると右側のウインドウが、背景白(肌色)に黒文字に変更されます。
「ウィンドウ」の設定画面 反転ボタンをクリックすると

これで設定完了です。

次回の起動から、標準設定になるように設定ファイル(TERATERM.INI)を保存しておきましょう。「設定」メニューから「設定の保存」を選択します。
「設定」メニューから「設定の保存」を選択 TERATERM.INIファイルの保存
*標準では「C:\Program Files\teraterm\TERATERM.INI」に保存されます

おわりに

今回久しぶりにクリーンインストール(一旦アンインストール&フォルダ削除後にインストール実施)を行い、2つの発見がありました。

  1. ユーザーインターフェースの言語の追加
  2. 初期設定では、背景色は「黒」
     ↑ずっと「白(肌色)」だと思ってました!

たまには、クリーンインストールしてみるのもいいもんですね。

まあ何かの参考にでもなれば幸いです。

スポンサーリンク

同じカテゴリーの記事(皆さんこんな記事も読まれています!)

4 Responses to “TeraTermの最新版(4.82)をWindows7にインストールしてみました!”

  1. ゆたか より:

    背景を黒色にしたのは、いつだったかなと調べてみると、2011年9月でした。

    https://sourceforge.jp/projects/ttssh2/svn/view?view=revision&root=ttssh2&revision=4616

    UTF-8 Tera Termをリリースしたときから、背景色は「肌色」にしていました。白色ではないです。白は、当時のディスプレイでは目がちかちかするので、他の色にしたかったのです。
    また、当時肌色は目に優しいという話を聞いたことがあったのと、他のターミナルエミュレータと区別したかったことので、当時は肌色を採用しました。

    ヘルプ画面の背景色も同じ肌色です。

    • 大佐古潤三 より:

      ゆたかさん

      「白」じゃなく「肌色」
      ご指摘ありがとうございました。
      早速修正します!

  2. 安田和則 より:

    初めまして、
    突然で申し訳ありません。
    私は60過ぎのパソコン初心者です。
    仕事上必要にかられ”teraterm”を使わなければ先に進めなくなりました。
    現在、”teraterm”最初の表示の”ホスト名”入力で止まっております。
    エラー表示”無効なホスト”が表示され、進むことが出来ません。
    勝手なお願いですが、この点をご指導頂けたら大変有難いです。
    お忙しい中、勝手なお願いお許しください。

コメントを残す

このページの先頭へ