TeraTerm自動ログ取得設定部分が更に便利になっていました!(オプション表示追加)

2014年08月31日にリリースされた「Tera Term version 4.84」にて、ログ取得機能が格段とバージョンアップしていました。(もうかなり前にバージョンアップしていた機能の話でスミマセン・・・)
TeraTerm version 4.84 リリース

これまで手動、又はコンフィグ書き換えで設定可能であった、ログのオプション部分「その他の設定」タブに追加されたんです。(「設定」-「その他の設定」から「ログ」タブを選択した画面になります)
設定からその他の設定を選択 その他の設定のログタブにログオプションが追加

選べるオプションは、「バイナリ」「追記」「プレーンテキスト」「タイムスタンプ」「ダイアログを非表示」「現在バッフャを含む」の6項目です。

スポンサーリンク

実はコレ、Tera Termプロジェクトのゆたかさんが、以前書いた記事を読んでくれていてふと疑問に思っていた事を解決してくれたんです。(コメント部参照)⇒ タスクバーに「TeraTerm:ログ」←ログ転送ダイアログを表示したくない!

いつも便利な機能を追加し、使い易いように改修を重ねてくれている「Tera Termプロジェクトメンバー」の方々に感謝です!!!

ちなみに「Tera Term version 4.84」で変更になっていた分は以下の通りです。

変更

  • YMODEM, ZMODEM でファイルを受信したときに、ファイルの更新日時を反映するようにした。
  • Additional settingsダイアログのLogタブで、ログ種別を設定できるようにした。

バグ修正

  • General setupでLanguageUIを変更した際、ヘルプファイルが切り替えできていなかった問題を修正した。
  • マクロ: 最終行の行番号表示が正しくできていなかった問題を修正した。

その他

  • 対応する動作環境にWindows Server 2012 R2を追加した。
  • TTSSH(2.70)へ差し替えた。
  • TeraTerm Menu(1.12)へ差し替えた。
  • TTXResizeMenu Plugin(1.03)へ差し替えた。
  • LogMeTT 2.10.2 へ差し替えた。
スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ